Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -


Category : うまい話
インターネットのグルメサイトに書き込まれたコメントはとんでもなくひどい物が多い。
大量に読まないことには、その店の状況が想像もできない。正反対のことが書いてあったりもするので、どれだけ読んでもますますワケが分からないことも多い。

東京にある、知っている店の評価を見ると、知った風な顔をしてしあさってな方向を向いてとんちんかんなことを言ってるすっとこどっこいも少なからずいる。

Wiki(註)的衆愚。

まさにそんな感じ。

しかも、知った風な顔をしているのが、また、なんともアホくさいというか、カッコ悪いというか、要するに、ヤボだ。

[続きを読む]
スポンサーサイト
2009-02-14(土) | Trackback(0) | Comment(1)


Category : うまい話
例えば、ガード下の飲み屋などの「うまい」「まずい」という評価。
根本的に、小汚い小さな飲み屋が「ホントに」うまいということは、東京では、まず、あり得ない。

ガード下の飲み屋
小汚い小さな飲み屋(08.10.21)

なぜか。

基本的に安いからだ。

[続きを読む]
2009-02-21(土) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話

グルメ情報サイトに書き込まれたコメントには、味についても妙な混同があるように思う。

例えば、同じ照り焼きだって、ブリの照り焼きてりやきマックバーガーの味は明確に違う。

仮に(註)両者を同じタレで料理したとしたって、同じ味にはならない。

あるいは、いいブリなら、てりやきマックバーガーのソースで料理したって、確実にハンバーガーよりはうまいだろう。
逆に、どんなにがんばっても、ハンバーガーのうまみがブリ照りを越えることはできないと思う。

それは、「味」は、口に入った瞬間のタレだけでは終わらないからだ。
肉の言い方をすれば、肉自体・肉汁・脂それぞれの味と、それにソースが組み合わさった味、こいつらが口の中で次々に広がってくる。魚でもそれは同じこと。魚介類の方が肉よりもうまいと思えるのは、ひとつには、この幅と奥行きが広いからだ。
クォーターだろうと1ポンドあろうと、ハンバーガーではブリには勝てまい(註)。

[続きを読む]

2009-02-28(土) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話

東京のなにがいいって、うまいものが食えること。

そう言うと、異論が出るだろう。
「地元で食べた方がうまい」「東京で売ってるものは全然うまくない」と。

[続きを読む]

2009-04-15(水) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話

東京の「なんでもあり」は、面白くないっちゃ面白くないが、便利でもある。
逆に、「なんでもあり」なんだから、それを楽しんでしまえば良かろう。

そこいらにある魚屋の店先に並んだ魚の味は、大都市よりも漁師町の方がきっとうまいでしょう。平均値では、決して勝てっこない。

だが、それでも、東京にはうまいものを食える店がある。あふれかえるほどあるわけではないが、ぽつりぽつりと、ある。「あれー、アオヤギって、こんなにうまかったっけぇ?」と驚かせてくれるような店が。

[続きを読む]

2009-04-15(水) | Trackback(0) | Comment(3)


Category : うまい話

山手線のガード下、あるいは横っちょにあるような、戦後の名残みたいな(小汚い)飲み屋も、これはこれでまたいい。

[続きを読む]

2009-04-15(水) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話
飲み屋では長っ尻しない。さっと呑んでぱっと帰る。これがかっこいい。

最近、そう思うようになった。「トシだ」と言われれば、そうかもしれない。でも、それが分からんやつは、きっと、ケツが青いのである。

[続きを読む]
2009-04-15(水) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話
ここでいう「酒」は、日本酒を指す。それも、燗したのを。

菊正宗だって、イメージはよろしくないけど、ちゃんとつけたのは、実はいける。工場で大量生産してるから、なんか安物っぽい感じがするが、灘の酒なんだから、本来はまずいはずがない。黄桜や月桂冠だって、伏見の酒なんだから、本来はまずいはずがない。

一方で、一升瓶をひっくり返して挿してある機械から出てくるようなのが、うまいわけがない。あれをやられたら、どんなにいい酒だって、たいしてうまくはあるまい。ちゃんとお湯でつければ、わけの分からん酒だって、それなりにはなる(註)と思うんだが。

[続きを読む]
2009-04-15(水) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話
「暑いから冷たい物が欲しい」と思うのは、あまり暑くない地方の人間らしい。本当に暑いと、冷たい物は温度差が大きすぎて体が参ってしまうという。

たしかに、車の上で目玉焼きができてしまうようなあたり、たとえば中東あたりへ行くと、真夏でも熱いお茶を飲んでいたりする。
体が温まって体温が上がれば、体は体温を下げようとする。熱い物や辛い物を摂って猛暑をしのぐのは、理に適っていると言える。

東京の暑さは、基本的には冷たい物でしのげる程度だ。
しかし、もわぁっとした蒸し暑さにはどう対処したらいいのか。

[続きを読む]
2009-07-25(土) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話
心頭滅却しようと煩悩にまみれていようと、熱いものは、熱い。

[続きを読む]
2009-08-01(土) | Trackback(0) | Comment(0)


Category : うまい話
銭湯には、いくつかの定番がある。
銭湯に行こう! 2」で挙げた牛乳などもそうだが、他にもいくつかある。


[続きを読む]
2009-08-08(土) | Trackback(0) | Comment(0)


目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。