Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : はじめに

はじめに:ここでなにをしたいのか

「違うだろう、それ」。


私がいろいろなところで感じることだ。特に、東京について。
「東京なのに」「東京だから」「東京でも」「東京なら」「東京なんて」etc...。
見聞きするたびに「そーじゃねーよ」と思う。その違和感の理由はよく分からないが、それでも、思う。

端っこの方とはいえ、東京都区内で生まれ育った目から見ると、今ある情報の多くは「外からの視線」のように感じる。それが、東京発の情報だとしても。
東京には、全国から多くの人が集まっている。
「東京に暮らして30年」と「東京に生まれ育って30年」とは、同じではない。しかし、そのことは、あまり意識されていないのではないか。
「それは違うだろう」と思ったからといって、実際のところ、何か直接的な問題があるわけではない。だから、素通りしても問題になるようなことは、何もない。しかし、それでは何も変わらない。
なにより、なんか、面白くない

だから、言おうと思った。言ったからといって、すぐに何かが変わるわけでもないだろう。でも、言わなければ、何も起こらない。言ったら、何かあるかもしれない。
宝くじみたいなモンかな。

そんなことで、「それは違うんじゃないか」から始まり、あれこれ分析しつつ、わがふるさと東京について、「中からの視線」でいろいろと考えてみる。


できるだけ、週1回程度の更新をしたいと思っている。
専門的に研究しているわけではないので、論文のような正確さはない。が、できるだけ精度を高めるため、一般に手に入れられる資料を参考にしている。とはいえ、全てについてではないので、不足はあるだろう。それについてはご容赦願いたい。
むしろ、誤りは指摘された方が正せるので、「おまえが言ってることも違うよ」と思われたらコメントをいただきたい。もちろん、「そうだそうだ」も大歓迎。

これは「東京人が東京についてあれこれ書こう」という企画だが、「なんとかウォーカー」とか「なんとかの達人」とか「なんとか天国」とか、そういうのに載ってそうな「この町のなんちゃら」「この店はどうたら」といったことは、基本的にはやらない、つもり。
それは「なんとかウォーカー」を見ればよいことだし、好みは人それぞれだと思うので、私の好みを他人に押しつけても仕方がない。だいたい、いい店が有名になりすぎて、混みすぎたり雰囲気が変わったりしたらイヤなので、言いふらしたくないし。
そもそも、プロが専門でやっていることを素人が片手間でやったって、かなうはずもない。餅は餅屋でやっていただいた方がいいでしょう?


生まれ育ったはずなのに、30年も暮らしているはずなのに、改めて考えてみると意外と分かっていない。
東京って、ナニ?
世間で言われていることは、どうも腑に落ちない。
だったら、自分で調べてみよう。
今、ここにある、本当の東京を。

とどのつまりは、そういうことなのです。



★ よくある注意書き ★

リンクは、どうぞご自由に

流用やコピーについては、個人による私用の範囲であれば、どうぞご自由に






スポンサーサイト
2008-09-01(月) | Trackback(0) | Comment(3)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

Re: すごく良いサイトです。

mameさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

もう1年以上ほったらかしにしてまして、全然いいサイトじゃないのにほめていただいて恐縮です。
「東京言葉と標準語を一緒にするな」みたいな話とか、写真を増やしたりとか、やろうと思ってることはいっぱいあります。

でも、放置中…。
すみません。


おっしゃること、すんごーくよく分かります。
まさに、そんな感じです。

幸田露伴も 『一国の首都』で、同じようなことを怒っています。
明治になってこの方、状況は変わってないようです。

私は田舎がなくて、むしろ、「田舎モンじゃないぞー \(^o^)/」と思っていましたが、じいさんばあさんはみんなどっかから来た人のようで、いわゆる「3代」からすると、まだまだ東京人じゃありません。

それでも、江戸っ子が「三代じゃないと」って言うのは、なんか、すごくよく分かります。
「東京に来て10年だから、俺も東京人」なんて自己紹介をしてるHPもままあり、そういうのを見ると「おい、ちょっと待て!」と思うわけです。「おまえの田舎に10年くらいいただけの奴が地元民づらしたら、どう思うんだ?」と。


都市というものは、周りから人が集まって構成される存在です。
だから、この状態が普通なのかもしれません。

でも、ここが生まれ故郷の身としては、納得が行かない。

そんなことを言いたかったのも、始めたきっかけのひとつです。

「東京で生まれた人数が、よそから来た人を上回った」なんて話を聞きました。
ホントかどうかは分かりませんが、折々に田舎に帰るにしても、東京に定住して土に帰る人も増えているようですから、傾向としては、「田舎はありません」という人が増えるんだと思います。

どっかに書いたと思いますが、江戸で「江戸っ子」というものが定着するまでに170年くらいかかっているようです。
東京は150年くらいの歴史しかありませんから、生粋の「東京人」という概念が確立するまではもう少し時間がかかって、それまでは「なんだ、くそ」と思うしかないのかもしれませんね。


東京人のたまり場って、意外とないと思います。
こんなところでよければ、どんどん愚痴ってってください。
元々が、愚痴のかたまりみたいなもんですから。
2011-02-18(金) | 野口 賢治: URL [Edit]

すごく良いサイトです。

はじめまして。mameです。

私も生まれも育ちも東京で、4代先まで先祖ををたどっても東京という人間です。
小学生のころ、夏休みに友達が「田舎に遊びに行く」というのを聞いて
心底うらやましく感じました。

私は、東京も、自分の生まれた町も大好きでした。
でも、生まれ育ったこの街が、たかだか30年足らずでまったく違う街に変わっていく様をみてきました。今は、東京がすきか、と聞かれると、?、です。

地方の人たちが東京にやってきて、それぞれいろんな事情があって、東京にくるんでしょうけど、そういう人たちに(人たちが)東京を、私の故郷ではない街にしていってるんだ、なんてたまに思ったりします。

年々(むしろ、毎月ですかね)増加する通勤時の電車乗客数。
マナーやモラルに欠ける大人(すべてが東京外出身者とはいいませんが・・・・)

タダ単に東京に「アコガレ」てやってくるなら、こないでほしい、と言うのが本音です。

東京生まれ、東京育ちの人間だけで、きっちり東京の文化を守りながら生活できたら、きっと、東京は、こんなにストレスだらけの街にはならなかったと思います。

もうちょっと、東京に気を使ってほしいです。

なぜ、地方出身の人たちは、自分の地元で仕事を探し、地元を愛さないのでしょう?
なのに「東京に一人でさみしい」とか言うし。支離滅裂なことを言って、勝手にメランコリーになって、東京の文化をこわし、我が物顔で、「自分は東京人だ」と豪語する。

おかしな人が東京に増えてると思います。

東京は、いったい、どうなってしまうんでしょうか。

愚痴めいたものになってすいません。
とても、楽しく、頼もしくサイトを拝見させていただきました。

これからもがんばってください。
2011-02-17(木) | mame: URL [Edit]

管理者より

紆余曲折ありましたが、当初予定通り、なんとか8月中に公開することができました。まさに「夏休みの宿題」で、20日以降にやっつけ仕事をしてしまったような感があり、あちこち手を入れなければいけない状態ではありますが、とりあえず、形にはなったと思うので。
当初の予定では参考資料をどこかに書くつもりでしたが、出典不明が多いので、ひとまず保留にしました。
本文中にも書きましたが、あれこれコメントを頂けると助かります。

全体として、「ブログを書く」というつもりではありません。「電子書籍」と書くと誤解されそうですが、「デジタル媒体を使って本を書くとどうなるのか」ということを考えています。紙媒体の書籍を単に電子化しただけでは、あまり意味がないと思います。紙にしてもデジタルにしても、メディアごとの特長を生かさないともったいない。そんなことが、根底にあります。
2008-08-31(日) | 野口 賢治: URL [Edit]

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。