Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : 山の手・下町

江戸の武家地と町人地

江戸は、山の上だろうと下だろうと、ほとんど全てが武家地だ。山の手のみならず、低地も多くが武家地(註)だった。
なお、ここで言う「武家地」には寺社地も含む

町人は低地にしか住めなかった。平面として広いのは東部の低地だが、西部の台地・武蔵野台地の中にも谷地があり、そこも同様に小規模な町人地だった。町屋、ということになるのだろうか。

現在の山手線の内側と、そこから横十間川くらいまでに広がる、拡大後の江戸も大半が武家地だった。

幕末頃の江戸
幕末頃の江戸の範囲、赤い部分が下町
(クリックすると別ウィンドウでグーグルマップが開きます)

また、向島も、現在では一般的に下町として認識されているが、江戸時代には郊外だった。その向島あたりにも武家屋敷(註)などがあった。

江戸城から見て東側に広がる低地は、じめじめした軟弱地盤で井戸も掘れない。水を確保する方策として、水道(註)を設けた。江戸っ子ご自慢の「水道水で産湯を使い」は、そうしないと生活用水が確保できなかったことの裏返しだ。

一方で、低地は古来から水運の要衝だった。

政治権力の中心地としても、どんどん大きくなる都市としても、大量の物資を必要とした。
それらを運送する手段として、水運はなくてはならないものであり、集まってきたものを捌く市場も輸送機関の近くに設けられた。
低地は、商業拠点としても最適かつ重要な場所だったといえる。

そうした設備があれば、運用するための人材が必要になる。人がいれば、付属の設備が必要になる。この循環もあり、人口が増加し、町人は徐々に力を付け、余ったエネルギーを使って文化を作り始めた。こうして市民文化は発展し、「下らない(註)」ものも「下りもの(註)」に引けをとらない品質・性能を備えるようになっていった。

とはいえ、低地の地盤は軟弱で、江戸の範囲を広げるために埋め立てた湿地も同様に軟弱地盤だった。埋め立てにより人口増加には対応できたが、生活環境については台地には及ぶべくもなかっただろう。
(了)



低地も多くが武家地
たとえば、丸の内は「大名小路」と言われた地域で、江戸城外堀の内側に当たる。つまり、江戸城内。町人地などないどころか、ふらふらと入ることもできなかっただろう。
このあたりは家康が江戸に入った頃には「日比谷入り江」、要するに海だったことは有名だ。つまり、東京でも最古級の埋め立て地。テレビの時代劇で有名な南北の町奉行所があったのも、このあたり。

背後に小石川台地が迫る後楽園ゆうえんちから小石川後楽園にかけてのあたりは、水戸徳川家の上屋敷。ちなみに、小石川後楽園を完成させたのは水戸光圀、いわゆる水戸黄門。

御徒町にある佐竹商店街の「佐竹」は、このあたりが、かつては秋田の藩主・佐竹家の上屋敷であったことによる。
それに、「御徒」町という名前自体が、徳川家の下級武士(歩兵)が住んでいたことを表している。

江戸町奉行所の同心、つまり、これまた時代劇によく登場する「八丁堀の旦那」も下級とはいえ武士で、彼らが住んだ八丁堀界隈も、当然、武家地。なお、岡っ引き・目明かしの類は、身分としては武士ではない。

深川の清澄庭園、本所の安田庭園、向島の隅田公園なども、いずれも元は武家屋敷。

このように、低地も多くが武家地だった。
戻る



向島あたりにも武家屋敷
たとえば、隅田公園はかつての水戸徳川家の下屋敷
向島百花園は、旗本・多賀氏の屋敷跡を骨董屋が入手して造った庭園が始まり。
戻る



水道
神田上水(1629年頃(寛永年間)、三代将軍・徳川家光の時代)と玉川上水(1654(承応3)年、四代将軍・家綱の時代)。
神田上水を作る以前や、できた後も水道が来ない地域には水売りが回っていた。「カネを出して水を買う」という状況は、今と変わらない。

神田上水は、現在の文京区関口のあたりに関を設けて神田川から分流させていた。だから、関口。下流に流れて、現在の水道橋のあたりで神田川を橋で越えていた。だから、水道橋。と、こんなことは、わざわざ註釈をたてるほどのことでもないような。
戻る



下らない
江戸やその近郊で作られたり採られたりしたもの。「下りもの」ではないから、下らない。
江戸時代初めはまだまだ上方が最先端だったため、主に質の面でそれに及ばない江戸周辺のものを、江戸っ子は「くだらねえなあ」と評した。
戻る



下りもの
上方で作られて江戸に運ばれてきたもの。物資や食品だけではなく、文化全体も含まれる。
特に江戸時代初期は、「下りものは良質」と認識されていた。
戻る



【参考資料】
●正井泰夫 『城下町東京 付録・大江戸新地図』 原書房、1987
●鈴木理生 『江戸の川・東京の川』 井上書院、1989

ホームページ
●佐竹商店街振興組合 商店街の歴史
http://www.satakeshotengai.com/rekishi.htm



つながるページ
山の手・下町に東西がからむ理由
江戸の山の手・下町


江戸の山の手・下町
江戸の山の手・下町
●江戸の武家地と町人地




スポンサーサイト
2009-06-27(土) | Trackback(0) | Comment(1)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

システム変更、のようなもの

自分でも「長いなあ」と思い、各方面から同様の指摘を受けていたこともあり、かたまりごとに分割してみました。
こうすれば、1ページごとの長さは短くなり、更新頻度も上げられる。そんな単純な発想で、単純にやってみることにしました。

全てのページにつながる目次を作るとかなり長くなると思われるので、テーマのトップページにつなげます。各ページにはテーマごとの目次のようなものを一番下に付けました。(1、2、3、というやつ)今の書き方だと分かりにくいので、「その1」みたいな感じに変えます。

他のページも、徐々に分けていくつもりです。
2008-11-06(木) | 野口 賢治: URL [Edit]

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。