Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : 山の手・下町下町

下町の特徴:路地、町工場

・路地が多い


下町といえば、路地(註)だ。

路地
路地(08.11.09)

下町には路地がたくさんある。
いわゆる「木賃ベルト地帯(註)」はもとより、市区改正(註)が行われて道路が整備されている地域であっても、その中にちょろりちょろりと見受けられる。日本の繁華街を代表する銀座も、無数の路地があることで知られる。
よく、沖積低地はかなり広い範囲まで「下町」としてひとくくりにされているが、路地が少ない地域については、下町というよりは郊外のような感じがする。


・小さな町工場が多い


ニュースなどでしばしば取り上げられる大田区に限らず、広い範囲(註)に町工場が広がっている。機械部品などの工業製品を作っていることが多いが、工場数の多さに比例して、製品の種類はかなり多いと思われる。
日本国内に限らず、世界の最先端技術を支えていたりもするのは、有名だろう。

中心から離れるにしたがって、大きな工場も増えてくる。これらは、周辺の宅地化に伴ってさらに郊外への移転を求められることも多い。
町工場は、経営者自身が住人のことが多く、周辺からの公害問題よりも大企業の経営効率化に悩まされているとみられる。
(了)



路地
「路地=細い道路」では、ない

もちろん太くはないのだが、幅よりも生活感のようなもの方が重要だろう。仮に公道だとしても、私道のような雰囲気がある。
置いてある植木鉢なども含め、内外の区別が判然としておらず、半ば内部化している。みんなで「使用」している感じで、その土地を誰が「所有」しているかを意識させるような物は皆無と言っていいだろう。
戻る



木賃ベルト地帯
木造家屋が密集し、細くて曲がりくねった道がほとんどで、火災発生時に消防車が入れないことから大規模火災につながる危険性が指摘されている地域。市区改正が行われた地域の外側、江東・墨田・荒川・北・板橋・豊島・中野・渋谷・世田谷各区のあたりに広がる。
「山手線と環状七号線の間」という言われ方もするが、それは西側の見方だ。東側については山手線の外側は道路が整備されているため、「明治通り以東・以北」でも良いような気もする。

特に戦後の高度経済成長期の急激な人口増加によって、都市計画もインフラ整備もないままに住宅地になり、そのまま現在に至っている。

そこからさらに外側は、比較的計画的に都市開発されていることが多い。東側は農地が工業地になり、工場がさらに郊外に移転し、住宅地になっている。西側は、農地や山林がそのまま住宅地になっている。「ある程度」計画的に宅地化されたということだ。
戻る



市区改正
ごく簡単に言えば、区画整理。もう少し正確な言い方をすれば都市改造、今で言う都市計画
江戸時代までの城下町のような構造や、木賃ベルト地帯のようなごちゃごちゃした街並みを、近代都市として再構成するための社会資本整備事業だ。東京では関東大震災からの復興計画で行われたのが有名。それ以前にも、明治時代から行われている。

関東大震災後の帝都復興事業は、江戸時代に開発された地域、たとえば神田や深川などを中心とした下町が対象になった。

震災復興事業による区画整理範囲
震災復興事業による区画整理範囲の概要
(クリックすると別ウィンドウでグーグルマップが開きます)

細かい凸凹まで拾っているが、あくまでも概要だ。
また、この範囲より外側にも幹線道路が整備されている。
範囲内では、すでに整備されていた既存街路の整理・拡幅や、幹線道路の新設などが行われた。この地域にある現在の道路は、このときに整備されたものだ。
戻る



広い範囲
都心部を除いた、台東・墨田・江東・品川・北・荒川・足立・葛飾・江戸川の各区。
台地の上になるので範囲外だが、板橋区あたりも多い。
戻る



【参考資料】
●藤森輝信 『明治の東京計画』 岩波書店(同時代ライブラリー 18)、1990
●越沢 明 『東京の都市計画』 岩波新書(新赤版 200)、1991



つながるページ
江戸と東京は別の街
東京はいつできたのか:帝都
下町の特徴と範囲
下町の特徴:塀、道路


下町の特徴と範囲
下町の特徴と範囲
●下町の特徴:路地、町工場
下町の特徴:植木鉢、野良猫
下町の特徴:塀、道路




スポンサーサイト
2009-06-27(土) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。