Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : 山の手・下町

下町の特徴:植木鉢、野良猫

・主に植木鉢による道路の占有


下町では、銀座や日本橋などの都心部(註)を除いて、主に植木鉢(註)の類が個人の敷地から道路にまではみ出しているのをよく見かける。その道路が幹線道路であっても、同じことだ。

道路にはみ出す植木鉢
道路にはみ出す植木鉢(08.08.16)

むしろ、歩道が付いているような幅の広い道路だと、いや、それに限らず、歩道のガードレール側にも植木鉢があったりもする。

ガードレールを埋める植木鉢
ガードレールを埋める植木鉢(08.10.26)

だが、人の通行が著しく(註)妨げられるほど置かれているわけではない。
少し離れて見ると、あたかも、その家の前庭のようにも見える。道路まで「内部」なのではないかという感じもする。あるいは、街路樹の下の植え込みのようでもある。


・野良猫が多い


都心部ではあまり見かけないような気がするが、騒がしい表通りには出てこないだけなのかもしれない。あるいは、都心部はそれほど住みにくいのか。

行政が去勢費用の補助をしている場合もあるなど、増えすぎが問題になっている例が多い。「干してある布団の上で粗相をした」「物を壊した」「ゴミを食い散らかした」などの被害が出ているらしい。繁殖期の騒がしさは少々迷惑(註)ではあるが、私は実害を受けたことはない。

だが、エサの皿が家の前に置いてあるのを見かける。また、一見すると野良猫のようでも、首輪をしていることもある。要するに、完全な野良猫というよりは、外で放し飼いにしているようなものらしい。多いのは当然なのかもしれない。

個人的には、野良猫が堂々と道を歩いているのを見ると「平和でいい町だなあ」と感じる。往々にして裕福には見えない町であることが多いのだが、野良猫すらいないような町に比べれば、よっぽど豊かだと思う。
(了)



都心部
このあたりを指す。
都心部
都心部(クリックすると別ウィンドウでグーグルマップが開きます)

赤線は武蔵野台地の東端。この右側が下町に当たる。左側は武蔵野台地。
範囲設定基準は東京都「新しい都市づくりのための都市開発諸制度活用方針」(平成19年4月)による。
範囲について詳しくは「都心とセンター・コア・エリア」を参照。

ただし、ここでは、佃・月島・勝どき、晴海、豊洲、田町、芝浦のあたりは除外している。
また、「都心部」という設定なので、武蔵野台地も含まれている。
戻る



植木鉢
陶器製の茶色い植木鉢に限らず、白いプランターであったり、発泡スチロールであったりすることも多い。
戻る



著しく
若干は妨げられているが、邪魔になる度合いは様々。ほとんど問題ないことも多い。
だが、自転車だと「車道に出た方がいいかな?」という程に狭くなっていることもある。
戻る



繁殖期の騒がしさは少々迷惑
当然のことながら、うなり声(?)は主に夜中に響く。
「昼間やれよ」と思うが、まあ、仕方があるまい。ヒトのことは言えないし。
戻る



【参考資料】
●鈴木理生 『江戸の川・東京の川』 井上書院、1989
●東京地図研究社 『地べたで再発見! 『東京』の凸凹地図』 技術評論社、2006
●正井泰夫 『城下町東京 付録・大江戸新地図』 原書房、1987

ホームページ
●国土地理院 地図閲覧サービス ウォッちず
http://watchizu.gsi.go.jp/index.aspx
●東京都 都市整備局 新しい都市づくりのための都市開発諸制度活用方針
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/seisaku/new_ctiy/index.html



つながるページ
都心とセンター・コア・エリア
「山の手」「下町」って、どこ?
下町の特徴と範囲


下町の特徴と範囲
下町の特徴と範囲
下町の特徴:路地、町工場
●下町の特徴:植木鉢、野良猫
下町の特徴:塀、道路




スポンサーサイト
2009-06-27(土) | Trackback(0) | Comment(5)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

廬植?

ちょっとマニアックかな。(^^;

映画のあのキャストは論外だけど、でも、ゲームでヘンなことになってるのはアリだと思うな。いいんだと思うよ、面白けりゃ。
問題があるとしたら、美しくないと存在価値が激減する周瑜が、居場所がなくなることくらい?
三国志に限らず、戦国武将の顔だって、少なからず光栄にすり込まれてるでしょう、わしらは。v-389

出身地の格差は、今だってあるよ。
  「オレ、東京生まれ」
  「私も。東京のどこ?」
  「足立区」
  「あら、私は田園調布」
みたいな。
ああたが「江戸っ子だ」と言いたくなるのは、同じことじゃないの? v-392

「足立も世田谷も、田んぼか山かの違いじゃねーか」って、ホントのことは言っちゃいけないんだな。v-410
2008-11-30(日) | 野口 賢治: URL [Edit]

呉蜀同盟2

 どこも間違ってはいないけど、あの映画のキャストは間違っている(笑) あと、ゲームの三国無双では登場キャラの半分は美周郎だし、これもこれで良いのか悪いのか・・・って、何時の間にか三国志ネタのオンパレードになってしまったので、修正。
 士農工商の身分制度に加えて、出身地域でも格差があったのですか・・・現代に生まれて良かったぁ(山本高広のパクリ)
 次はもう少しまともなコメントしますm(_ _)m
2008-11-29(土) | 保護者: URL [Edit]

呉蜀?

どっかに誤字でもあった? v-12
それとも、"不"美周郎が主役をやってる映画のつながり?

長さについては、最近切ったのはともかく、「東京の範囲」とか「なにがすごいのか」あたりには、(註も含めて)明確に文字が多すぎるヤツがあるので、これは、切る。切るったら切る。(^^)

>江戸っ子という響き、好きですね。(中身はともかく)

おまえさんは江戸っ子を自称するのが好きだからなあ。ほんと、中身が伴ってないと思うんだが。(^^;

これは根拠のない、私の感覚だけど、江戸で熊さん八っつぁんが「てやんでぃ、こちとら江戸っ子でぃ!」ってやったら、そのとたんにご隠居から「野暮なこと言ってんじゃないよ」とたしなめられたんじゃないかな。
そういう粋がり方って、たぶん、一番かっこ悪い。どんなに粋なことをしてても、それを粋がった瞬間に野暮になるわけだし。

森の石松の

  「江戸っ子だってねえ」
  「神田の生まれよ」

というのは、あれはたしか大阪辺りでの話だし、「寿司を食いねえ、寿司を」と言われてる神田生まれの男は自分で「江戸っ子だ」とは言ってなかったと思う。

池波正太郎が、あれは永倉新八だったかな、江戸生まれの男に上方で「江戸の者は」と言わせてるのも、同じことだよね。

それに、浅草辺りの奴が「江戸っ子でぃ」と啖呵を切った相手が神田辺りの奴だったら、それはそれで「やいやい、誰の前でそんなことを言ってるのか分かってるのか? えぇ?」みたいなことで、とたんに喧嘩になること請け合い。(^^)

浅草と神田が同列になるなんて、あり得ない。
当然、神田の方が上。
だから、浅草風情に江戸っ子ぶられた神田っ子は、そりゃあ、黙っちゃぁいられない。
これが、さらに格上の日本橋くらいまで行くと「旦那」だったりするかもしれないので、そうなると、もう少し鷹揚に「そうかいそうかい、若いねえ」なんてさらっと流したりなんかして、んー、かっこいいねえ。(^^)

浅草で生まれ育ったというおっさんが、この格付けは「今だって変わらないよ」と言ってたので、まあ、間違いないでしょう。

江戸時代の格差は、能力とか努力の問題ではなく、生まれつき固定されてて、今とは比較にならないほど明確だったので、下手なことは言えなかった。

だから、野暮以上に危険だったのかもしれない。

良かったねえ、野暮で済む時代で。(^^)

って、なんだよ、長々と書き散らかしたオレも野暮だってか。
ごもっともで。v-393
2008-11-27(木) | 野口 賢治: URL [Edit]

呉蜀同盟

 呉蜀同盟により(三国志の読み過ぎ)コメントします(笑)
 
 写真の、道路からはみ出している植木鉢は道路管理者泣かせですね。駅前の商店街なんかでは幟や商品が歩道にはみ出して、定期的に道路管理者が見廻りをするのに、私も応援で同行したことを思い出してしまいました。

 さて、分割に関してですが、分割後のページについては決して分量が多いとは思わないですよ。写真と註でページを食っているように見えますけど、前述の2点と本文の合わせて3点の構成でバランスが良いと思うし、逆に分割すると却って纏まりが無くなる気がします。

 追伸:私は江戸っ子という響き、好きですね。(中身はともかく)
2008-11-25(火) | 保護者: URL [Edit]

ようやく、

前に書いた物の分割も終わったので、本題に戻ります。今週末には続きをアップできると思います。

が、分割した物をもう一度見てみると、まだ長いような…。(^^;
もしかしたら、再度分割するかも。
また更新が滞る…。
2008-11-25(火) | 野口 賢治: URL [Edit]

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。