Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -

おいらぁ江戸っ子じゃないやい!

私が「東京生まれだ」と言うと、たいがい、
「じゃあ、江戸っ子だねぇ」と返ってくる。
だが、それに対して「おぅ、飯田橋の生まれよっ!」とは、応えない。

だって、"江戸っ子"じゃないから。
"江戸っ子"の定義」に反するから。

江戸と東京の比較


の5つの点から見てまとめると、こういうことになる。

江戸は、江戸で生まれ育った人が多くて、人口の変動が少ない。範囲が限定されていて、職住が近接しているために、比較的狭い範囲で一日を過ごす。多くの情報があり、限られた人だけが住む、特別な場所。

東京は、地方出身者が多く、人口の変動が大きい。範囲が不明確でのんべんだらりとどこまでも街が続き、働く所と住む所がかなり離れているために、かなり長距離の移動を伴う一日を過ごす。情報の発信源になってはいるが、全国からの往来が可能で、いつでも行き来ができる繁華街のような場所。

つまり、江戸は「おいらの街」という愛着を感じやすい環境だったが、東京はそうでもない。むしろ、「仕事場・遊び場」のような、愛着を感じにくい環境とも言える。

街との「距離」が遠くて愛着がなければ、住民は街を大事にしようとは思わないし、他と区別をしたいとも思わない。「東京人」が一般名詞であって固有名詞になれないのは、そういうことで、当然のことなのかもしれない。

だから、「東京生まれだから江戸っ子だ」と名乗りたくなるのも、分からなくはない。それはそれでアリだとは思う。

しかし。

愛着を感じにくくて愛称もないからって、昔の江戸っ子を東京に引っ張り出してくることはあるまい。
だって、東京は東京であって、江戸じゃないんだから。それを一緒にするこたぁ、ないじゃん。
(了)



つながるページ
結局、「山の手」「下町」とは


おいらぁ江戸っ子じゃないやい
"江戸っ子"の定義と"東京人"
江戸と東京の比較




スポンサーサイト
2008-09-02(火) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。