Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : すごいこと

人はなぜ東京に集まるのか:政治・経済の中心地

なぜ、多くの人々が東京に集まるのか

地域の中核都市には、いろいろなものが集中する。これは基本的なことだ。
日本の中核都市である東京には、さらに集中する。考えてみれば、これもまた当然のことで、実は取り立ててすごいことではない。物事には中心となるものが必要で、それをハタからひがんでいても仕方あるまい。

しかし、物事には程度というものがある。東京への集中の仕方は、極端である。その例は枚挙にいとまがない。

ここまで人が集まるのは、「江戸の続きだから」ではない

たしかに、「微塵もない」とは言えないが、根本的にはそうではなく、明治政府が中央集権国家を目指したからだろう。日本全体の「在り方」を東京の中央政府で決め、全国に広める。全ては東京から始めて、全国を同じようにしようとした。これが東京一極集中の原点だ。

政府の方針通りに東京に集まった理由は、大きく分けて2つあると思う。


だ。


◆政治・経済の中心地


全てが中央の意志通りに動いたわけではない(註)。

だが、基本的な流れとしては、明治政府が目指した「全ての力は、東京に」という方向に進んだ。なかば力ずくで、なかば日和見で。
結果として、東京と改称されたかつての城下町は、全国の政治的な中心地となった。

政治を行うには、カネが必要だ。そのために、政府は資本を求めた。

江戸時代、政治権力は「上様のお膝元」江戸が握っていたのに対して、経済の中心は「天下の台所」大阪だった。

それが、明治以降、経済も中心が東に移るのは、政治と深くつながっていた政商たちが大きな成功を収めたからだろう。

渋沢栄一(第一銀行、東京海上、東京証券取引所など多数)、岩崎弥太郎(三菱財閥)、益田孝(三井財閥の大番頭)、安田善次郎(安田財閥)…。挙げればきりがないが、新興資本家を中心とし、そこに大店の番頭が加わって、新しく生まれた東京の新しい経済を発展させた。「銀座煉瓦街計画」しかり、「一丁ロンドン」こと丸ノ内<三菱が原>しかり。

五代友厚ともあつ(大阪証券取引所、大阪商工会議所、南海電鉄など)や住友友純ともいと(住友財閥)のように、西で成功した例もある。
だが、新幹線や携帯があるような時代ではない。政府が強力に推し進めた劇的な変化に付いていく、あるいは進む方向を自分たちの方に引き寄せるためには、政府の近くにいるのが一番効果的で手っ取り早かった。

結果として、東京は、政治と経済の中心地になった。
(続く)



全てが中央の意志通りに動いたわけではない
たとえば琵琶湖疎水のように、地方が独自に行ったことも多い。

江戸時代の幕藩体制は「地方分権」というよりは「連合王国」といった方が近いような感じで、各藩の運営は各藩が自由に行っていた。そのため、中央から「この通りにしろ」と言われるのは、かなり不愉快だったらしい。それもあり、自分たちでもいろいろとやっていたようだ。
あるいは電力会社のように、資本家の縄張り争いの結果としてできあがったものもある。
戻る



【参考資料】
●藤森輝信 『明治の東京計画』 岩波書店(同時代ライブラリー 18)、1990
●越沢 明 『東京の都市計画』 岩波新書(新赤版 200)、1991



つながるページ
東京はなにがすごいのか


東京はなにがすごいのか
東京はなにがすごいのか
東京のすごいもの
●人はなぜ東京に集まるのか:政治・経済の中心地
人はなぜ東京に集まるのか:大学の設置
東京はいつまでもすごいのか
東京と地方、集中と拡散




スポンサーサイト
2009-05-06(水) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。