Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : 東京の範囲

改めて、「東京」とは、どこなのか

そもそも、「東京」って、どこなのかで、「東京を"Tokyo"でひとくくりにするな」とは言ったものの、ここで「どこでもいいじゃん」と放り出してしまっても、面白くないし、意味がない。

ひとつ、現実的な「東京の範囲」を設定すべく、切り分けてみたい。

「東京」を見方によって分けてみると、この3つになると思う。


この3つが重なり合い、それぞれがなんとなく混同されているから、話がややこしくなってワケが分からなくなるのではないか。

そこで、東京の現状を少々分析して、東京をひとことで表す「The Tokyo City」(=大都市・Tokyoはココ!)を絞り込んでみたい。


一番目の、「Tokyo」のイメージは、実際よりも「広範囲」に広がり、「点」として拾われている。これが「全体」のイメージとして扱われるので、どうにも実態と合わない。合わないから、「東京なのに、こんな所が!」となる。

二番目の、行政区分の「東京都」として見ると、イメージと実態のズレが分かりやすい。

鉄道や幹線道路に沿って、街は関東平野一円にだらだらとつながっている。
そんな、いわゆる「東京圏(註)("首都圏"ではない)」の中に、東京・神奈川・埼玉・千葉の主要部分は含まれると言えるだろうし、東京都全体は収まりきらないだろう。
街の中心から離れるに従って増えていく田畑や木々。そんな、関東各県共通の状況は、東京都でも同じ(註)こと。

東京都は、青梅・あきる野・八王子各市あたりより西は、都市というよりは山だ。


東京の西の果ては山

東京の西の果ては、山(クリックすると別ウィンドウでグーグルマップが開きます)


それも東京の持っている多様性のひとつではある。明確に、新宿から地続きの東京都だ。

だが、ここを「東京圏」と呼ぶのは、少々無理がある。少々緑が多すぎる。
東京「圏」にも入らない所を「Tokyo」とは呼べない。
だから、「東京都=Tokyo」ではない

では、もっと狭めて、「23区」ではどうだろう。

Tokyo=23区?」で指摘したように、区部でも外周部に近づくと、案外、のどかだ。短期間で郊外から住宅街に変わったのがよく分かる。

さらに、「戸建て住宅が並んでいる」という状況からして、「都市」とは少し違うだろう。「大都市」と言われた時の感覚では、住宅街には高層マンションが建ち並んでいるのではないだろうか。

「Tokyo」は世界的な大都市である。そのようにイメージされている。そうなれば、23区も「Tokyo」とは言いづらい。

それでは、三番目の「首都圏」から見てみると、どうなるのか。

たしかに、広い意味ではTokyoと言えるが、「首都圏は広い!」のとおり、さすがにくくりとして大きすぎる。広すぎる。ここまで来ると、単なる「人のかたまり」でしかない。ひとつの「都市」として扱うのは現実的ではない


このように、どれをとっても「帯に短し、たすきに長し」になっているのが、現在の区分だ。
(続く)



東京圏
本文としては私の個人的感覚なのだが、法律でも「東京圏」という範囲指定がある。

多極分散型国土形成促進法」では、東京圏を「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県及び茨城県の区域のうち、東京都区部及びこれと社会的経済的に一体である政令で定める広域(第二十二条)」としている。
ここにある「政令」を追っかけていくと最後は「国土交通大臣の指定による」ということになり、正確な範囲はよく分からなかったが、東京都武蔵野市・三鷹市、神奈川県横浜市・川崎市、埼玉県川口市は確実に含まれる。

だが、おそらく、一番山奥にあたる東京都檜原村は含まれないだろう。「全域、山」という地域だし。
戻る



東京都でも同じ
あえて違いを言えば、都市中心部の緑の多さだろうか。実は、東京は意外と緑が多い。

ド真ん中に広がる巨大な森・皇居はもちろんのこと、明治神宮や東宮御所などの大規模緑地や、小石川後楽園や新宿御苑をはじめとした大名庭園、上野公園や日比谷公園などの都市公園、等々、木陰は結構多い。都心部ではおいしい蜂蜜が採れるそうだ。
戻る



「東京」の範囲
そもそも、「東京」って、どこなのか
"The Tokyo City"
イメージされる東京
Tokyo=23区?
首都圏は広い!
東京の昼夜人口
都心とセンター・コア・エリア


つながるページ
そもそも、「東京」って、どこなのか
首都圏は広い!




スポンサーサイト
2009-05-04(月) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。