Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : うまい話

うまい話

東京のなにがいいって、うまいものが食えること。

そう言うと、異論が出るだろう。
「地元で食べた方がうまい」「東京で売ってるものは全然うまくない」と。

然り。

それはたしかにそうだ。地産地消の方が、いいものがあるのは、当然です。
〆た直後をむさぼるライオンと、残飯の屍肉をあさってるハイエナ。そりゃあ、ライオンが食ってる肉の方がうまいでしょう。
どうせ東京はハイエナ。

もっとも、鮮度と味は、比例するとは限らないんだが。

そんな東京には、全国からモノが集まってくる
それは食べ物も同じ。
古くからの漁業に加え、江戸時代からの近郊農業有り、明治からの酪農有り。うまいものが手に入るような社会構造になっている。

だから、東京でもうまい物は食えるのである。
うまい物にはいろいろあって、ちょいと小ぎれいなとこがあれば、小汚いおっさんのオアシスもある。いずれにしても、やり方という物があるが、これがなかなかに難しかったりもする。難しいといっても、「飲み屋では長っ尻しがちだ」というだけのことだが。

スーパーで売ってる物がうまくないからって、それを「東京は」とくくられてしまうのは、それは違うだろうと思うのである。



こんな話を始めたのは、タイヤでできたマシュマロマンがなにやら始めたから、ではない。

「うまい店ガイド」のたぐいは昔からたくさんある。フランス人が日本にやってきたのは、ひとえに、「商売になると踏んだから」だろう。日本政府が観光客を呼び集め始めたことで欧米からの観光客が増えたし、権威に弱い日本人にも売れるだろう、という分析が、結果として当たったということだ。

そんなのは、私の知ったこっちゃない

ただ、「東京の食い物はまずいだろう」と思われてるような感じがするから。
だから、「そんなことはないぞ!」と言いたかった。

世界中の料理が食べられて、しかも、それぞれにがある。
これだけの選択肢がある都市は、他にはあるまい。

って、結局、またそのオチなのね。

(了)




うまい話
東京でもうまい物は食える!
おっさんのオアシス
飲み屋の「うまい」やり方
飲み屋で飲む酒はうまい




スポンサーサイト
2009-04-15(水) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。