Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : 東京の歴史

東京はいつできたのか

「東京」という街を「明治以降」のものとして良いのだろうか。
このホームページを作り始め、東京についてあれこれ見直していたら、なんとなく、疑問を感じ始めた。

昭和20年あたりを境にして、「それ以前の東京とそれ以降の東京は、別の街なのではないだろうか」と。

「江戸ヲ称シテ東京トセン」という詔が出され、東京が生まれたのは1868(明治元)年7月。今から約140年前のことだ。
普通、「東京はいつからあるのか」という話をすると、ここからということになる。
あるいは、東京「府」が東京「都」になったのは、1943(昭和18)年。約65年前。したがって、「東京都」ならここから。

行政史としてはそういうことだ。しかし、都市史として、「街」として考えた時は、少々違うのではないか。
簡単に言えば、1945(昭和20)年8月を境にして、二つに分けて考えることができると思う。

言わば、「帝都」時代と「首都」時代。

帝都」は、中世の城下町であった江戸が、近代都市に変わっていく過程であった。
一方の「首都」は、現代都市として造られた時代。
この両者は、たしかに「東京」であることには違いないが、同じ街なのだろうか。

現在の東京の都市構造の骨格は、関東大震災による「帝都復興計画」に拠って造られている。造り続けられていると言ってもいい。
そうした面から見れば、「帝都」「首都」の両者を分けるのは妥当ではないかもしれない。一極集中的な傾向が以前よりも強まっている(註)ことを考えれば、今でも明治が続いているような感じもする。

だが、街を造るのは政府ではない。

である。

政府はいろいろなことをするが、結局、最終的に街を作っていくのは、そこに住む市民に他ならない。
かつての建物や都市構造はあっても、当時の街並み「空気」のような物があるとは思えない。「街」としての「帝都」は、ほとんど残っていない。

東京の人口の推移」で述べた通り、戦後の東京の人口は急激に増加している。

新しい東京の姿は、「東京」というよりは、単なる「大都市」という感じもする。あるいは、どこにでもある都市(註)が超巨大化した「だけ」という感じがしなくもない。
そこで生まれた者としてはそれでは面白くないので、あれこれと特色を探してみたりもするのだが、多くが戦前の、あるいは江戸からの伝統であったりする。

どうにも、「首都」東京は「におい」が弱い。

これは、終戦のあたりを境にして、人が入れ替わったからではないだろうか。
人が変われば風俗・習慣も変わる。何より「空気」が変わる。
現在の東京は、まだにおいが付いていない状態なのではないだろうか。

だとすれば、それは、「今の東京は昭和20年に生まれたことによる」と言えるのではないだろうか。
(了)



一極集中的な傾向が以前よりも強まっている
例えば、東京は「東京都」には収まらず、関東平野一円に広がっていて、一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)で全国の1/4以上の人口が集まっている。茨城・栃木・群馬の3県を加えると、3割を超える。
これは、日本が東京を中心にして動いていることを示す好例だろう。しかも、最近はまた増えている。

ちなみに、滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山の6府県合計で、約16%。

数字の内訳は、「東京のすごいもの:人口と面積」にて。
戻る



どこにでもある都市
「東京がマネをしたのか、されたのか」ということもあるが、問題はそういうことではなく、「東京としての特色」が見られないということ。

東京駅丸の内口から皇居にかけてなどは、明確に「帝都の正面」という意図をもって造られているのが分かる。だから、日本のどこへ行っても、あんな構造はないだろうと感じる。
だが、反対側の八重洲口を見ると、知らなければ「博多駅前です」と言われても分からないだろう。それは新宿や池袋でも同じことだ。

もっとも、見せられるのが池袋あたりになると、「博多って、こんなにしょぼいの?」という感じになってしまうかもしれない。大都市にありそうな感じがする、駅前から太いメインストリートがまっすぐに伸びて…という構造は、東京の中心部では東京駅八重洲口と新宿駅西口くらいしかない。池袋駅の東西もそんな構造ではあるが、東口は軸が認識しづらいし、西口は「メインストリートがまっすぐに」という感じではない。

そういう意味では、「よくある大都市」ではないが、もっと小さい「都市」の寄せ集めという感じがする。
それが、「どこにでもある都市」につながる。
戻る



【参考資料】
ホームページ
●東京都公文書館 明治東京異聞~トウケイかトウキョウか~東京の読み方
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/0715tokei.htm
●東京都 全国都道府県マップ
http://www.metro.tokyo.jp/PROFILE/map_jp.htm



つながるページ
東京のすごいもの:人口と面積、政治経済の中心
山の手と下町
東京の人口の推移
江戸っ子に三代かかる理由


東京はいつできたのか
●東京はいつできたのか
東京はいつできたのか:帝都
東京はいつできたのか:首都




スポンサーサイト
2009-04-18(土) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。