Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -

東京人は冷たい?

とりあえず、そんなことはない。それは作られたイメージだ。

その一方で、紛れもない事実でもある。
だが「冷たい」と言われるのは、ひとり東京だけの話ではなく、「都市」というものが持つ「宿命」のようなものではないかとも思うのである。

これは東京だけにしかないことではなく、都市というものが周辺人口の出入りでできている以上、世界のどこへ行っても起こることだ。「都会人は冷たい」のは、なるべくしてなっている、自然なことだと思う。

東京人が特に「冷たい」と言われるのは、それだけ人の動きが激しいからだ。そこにいる人が多いからだ。一気に拡大したからだ。そのことは、東京の人口の推移を見れば分かる。

だが、大きく増えたのは東京に「いる」人だ。東京で「生まれ育った」人ではない

どちらも東京「の」人ではあるので、ひとまとめにされてしまうのは仕方がない。ごっちゃまぜにしてまとめて「冷たい」と言われてしまう。

だが、そうは言っても、この両者は全く違う
だから、言いたい。

それは「断じて違うぞ」と。


戦後、高度経済成長期の流入人口の中心的な就職先が、異動の少ない工場労働者から異動が一般的なサラリーマンに変わっていけば、人はそれまでよりも頻繁に動いていくことになる。
結果として、人間関係自体が希薄になることも致し方のないことだ。そうなれば、地域的なつながりのみならず、隣近所の温度を感じることもなくなる。

昔から東京に住んでいる人々は、お互いをよく知っている。「あんたも小さい頃はねえ」なんて、穴があったら入りたいような話をされることもある。よく言われる「下町の人情」というのは、簡単に言えばそういうことだ。

そして、多くの場合、入り口は開いている。その奥にはもう一枚の扉があったとしても、そちらが固く閉ざされていたとしても、少なくとも門戸は施錠されずに開放されている。下町の気取らない空気のなせることかもしれない。「温かい」と言われたりもする。
これは、山の手とされる地域であっても、商店街などが「義理と人情」というキーワードで語られている理由と同じことだ。

一方、とくに戦後になってできた新興住宅地では、下町のように「窓を開ければ隣の家の中が丸見え」のような物理的な密着もない。よそよそしいとは行かないまでも、なんとなく他人行儀のようで冷たく感じるのは、当然と言えば当然のことだ。
これは、下町とされる地域であっても、新興住宅地と似たような環境になる集合住宅であれば起こりうる状況だろう。

面白いことに「東京は冷たい」と言われる一方で、下町のお節介な心遣いは「暑苦しい」と言われたりもする。「マンションの管理組合は、事務処理よりも人付き合いが面倒」とも。

このあたりの「温度調整」はなかなかに難しいようである。
(了)



つながるページ
東京の人口の推移
東京人は地元民?


東京人は冷たい?
●東京人は冷たい?
東京「の」人
都会人が冷たい理由




スポンサーサイト
2009-05-02(土) | Trackback(0) | Comment(0)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。