Category : スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告
--------(--) | - | -
Category : 主にグチ?

東京が田舎臭くなる?

これは私個人の感覚だが、このところの東京は日に日に田舎臭くなっているような感じがする。

原因は再開発だ。

再開発といえば、少し前まではビルが1本か2本立つ程度だったが、最近は、駅前や都心部低層建築密集地などの、いくつかの区画をくっつけて大きくしたような(註)大型再開発がいくつもある。もう少し小規模な物も含めるとかなりの数になる。

一見すると、「広々とした敷地の中に高層ビルがゆとりを持って建てられた未来都市」のような感じがするが、そのあたりをうろちょろしてると、どうも、ちんけというか、ちゃちというか、ウソくさいような感じがすることも多い。

それがなぜなのかよく分からなかったが、よく考えてみると、「密度が低いからではないか」という所にたどりついた。


町の風景として、道路ではないすき間がやたらと広がっている中に建物が点々と存在しているような密度が低い状態は、どうも田舎臭い。
「下町的貧乏臭さ」なのかもしれないが、広い幹線道路で区切られた区画の中は、密集してごちゃごちゃしてないと、なんか落ち着かない。通勤時間に、山手線のようなあまり混んでいない電車(註)に乗っていると、朝という気がしないのと同様。

また、どこも似たような雰囲気(註)のビルを建て、似たような構造になっている。取って付けたようで、薄っぺらい
「ぱっと見では、どこでも同じ」というのも、なにやら農村風景のようでもある。

「余裕ある空間」は、街全体として土地に余裕があるように感じる。
だが、狭い所にいろいろとごちゃごちゃ詰め込んだ東京からすると、それは異質だし、「広い土地=でかい工場か田畑」という感覚があるから、田舎臭く感じる。年季の入った薄汚れた街の中に真新しい広場がでーんと出てくるのも、田舎の国道横のドライブインのようだ。
「でかいビル、広々とした空間、見るからに根付いてない植木」という取り合わせは、アメリカの「土地が広いんだから、広々と作ればいいじゃん」的なドン臭さも感じる。

時間がたてばなじむのかもしれない。
「そういうものだ」と。
それは、「東京は田舎臭い街」というのが確定してしまうということなのだろうか。

とりあえず、建物が新しくてでかいからって都会的と感じるわけではないし、古くてボロで小さいからといって田舎臭いと感じるわけでもない
それだけはたしかだ。
(了)



いくつかの区画をくっつけて大きくしたような
たとえば、六本木ヒルズ、ジェイシティ東京(神保町)、品川駅東口、日暮里駅前など。
「もう少し小規模な物」は、有楽町イトシア、赤坂サカス、表参道ヒルズなど。

また、工場跡地であるとか操車場跡地であるとか、都心にできた広い土地を使った大規模な再開発も目白押しだ。
たとえば、大崎駅前(明電舎・ソニーなど跡)、汐留シオサイト(汐留貨物駅跡)、東京ミッドタウン(防衛庁跡)、アイガーデンエア(飯田町貨物駅跡)、秋葉原クロスフィールド(神田青果市場跡)など。これらは元から「街」ではなかったので、「街の変化」ということではないから、話題からは少々ずれる。
丸の内・大手町なども再開発ではあるが、以前からある区画の中でやっているだけなので、これも今回の話題とは少し違う。
戻る



山手線のようなあまり混んでいない電車
乗車率という「数字」では、山手線の上野-御徒町間が東京で一番混んでいるらしい。

だが、感覚としては、日比谷線・東西線・千代田線のような、電車が発車する時にはあちこちで「ううっ」といううめき声が聞こえ、基本的に身動きが取れないような状態が普通で、隣の人と体が触れる程度の山手線など、混んでいるとは思えない。

この感覚が正常だとは思わないが、こういう環境で育ってしまうと、これが「通常」になる。
「今朝の電車はいつもより混んでたなあ、つぶされて痛かったから」「ああ、(客を電車に押し込む)バイトの兄ちゃんにみぞおちを押されて、死ぬかと思った」という会話を、ごく普通に毎日のようにしていたのは、…やっぱり、異常だなあ。
戻る



雰囲気
「デザイン」ではない。
あくまでも「雰囲気」。最近の傾向というよりは流行かもしれないが、全体的に、安っぽく感じる。
戻る



東京が田舎臭くなる?
●東京が田舎臭くなる?
精密さ=集積率×密度?




スポンサーサイト
2009-06-13(土) | Trackback(0) | Comment(1)

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする

COMMENT

現在、

「山の手と下町 1~19」を再編成しています。
当初予定ではゴールデンウィーク中の完了だったはずなんですが、いまだに終わるメドが立たず…。(^^ゞ ポリポリ

さすがに今月中くらいには終わらせないとまずいかなと思いつつ、のんびりやっております。
2009-06-13(土) | 野口 賢治: URL [Edit]

この記事にコメント

管理者だけに表示を許可する

目次
カテゴリ

プロフィール

野口 賢治

Author:野口 賢治
齢三十有余。転勤で名古屋にいた一年半を除けば、生まれてこの方、東京暮らし。物心ついてからは、縄文時代には水の底だったあたり。しかも、一人暮らしを始めてからも、好き好んでその辺に。軟弱地盤が好きなんです。


最近の更新
09.10.02 :
東京でオリンピック?」を2分割。
09.09.09 :
09.08.30 :
09.08.22 :
街の奥行き」掲載
09.08.16 :
定休日」掲載

これ以前は更新履歴ページへ。

最新コメント

作業予定
今後、このページでこんなことをしようと思っています。

・ページ全体のシステム改良
・写真の追加
・東京の音やにおいについて
・東京ことばと標準語について
(順不同)

QRコード
こちらから、ケータイでも!
QR
このページ内の検索

表示確認
以下の環境で確認しています。
OS:Windows XP Pro. SP3
 ・Firefox 3.6
 ・Internet Explore 6, 7
 ・Opera 9.6

※JavaScriptがオフの場合は、どのブラウザでもデザインが崩れます。また、Googleマップは開けないようです。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる!


Powered By FC2 Blog

FC2Ad

Copyright ©2008-2009 東京から見たTokyo. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。